maigism

ゴッホ展

ここは歴史の街、太宰府。
今日は元日からはじまっている、ゴッホ展へ。


f0084022_0222498.jpg

f0084022_0234469.jpg



九州国立博物館。
この博物館がよく見える、向かい側の短大に通っていたので、ちょっと懐かしい気分。




f0084022_0225861.jpg


f0084022_0252691.jpg



没後120年を記念した今回のゴッホ展。
37歳でその生涯を終えた彼が、画家になろうと決めたのは27歳なんだそう。
たった10年であれだけの作品を残し、120年経った今も色褪せず
圧倒的な存在感を放つゴッホ。

思わず、自分の年齢重ねたよね。。。

有名なアイリスの絵や、
バラとシャクヤクの絵がありました。

例えばゴッホの描いたその花は、今もなお鮮やかで
花というものは、
はるか遠い時代から、人の心に寄り添っていたんだなぁ・・と思ったりしました。



美術館で絵画展を観るのは好きです。
でも、海外の美術館の作品が並ぶ時は割と楽しめるのですが、(たとえばルーブル美術館展、ボルドー美術館展とか)
今回のように、ひとりの画家がクローズアップされた絵画展は、観終わった後の気分が全然違う・・・ような気がするんです、いつも。

情熱とか魂とか、そういう目に見えない何かに圧倒されるのでしょうね。
8年くらい前にシャガール展に行った時は、その後のレストランをパスしてしまったほど。
うまく言葉にできないけれど、明るい色彩のものもあったのに、なぜか暗いオーラを感じてしまった記憶があります。



平日だというのに、かなり混雑してました。
が、並んでもまた観たいと思う、見ごたえのある絵画展でした。
まだの方は是非。
[PR]

by maigaul-rVita | 2011-01-25 00:48 | etc・・
<< バレンタインにピンクリボン 復活 >>